クラウドファイルサーバを利用するにあたり気を付けるべきことがあります

クラウドファイルサーバの情報漏えい対策

クラウドファイルサーバの情報漏えい対策 クラウドファイルサーバは自社以外の場所にサーバがあるのが特徴ですので、いつでもどこでもデータにアクセスできるというメリットの面とあわせて、情報漏えいのリスクの高さなどのデメリットの面についても考慮する必要があります。
逆にいえばクラウドファイルサーバを契約する場合には、あらかじめリスク対策も徹底しておくことが重要です。
たとえば利用者へのユーザIDやパスワードの交付はクラウドファイルサーバにアクセスする上で必須といえます。
この場合にはパソコンなどのデバイスへのマルウェア感染によってパスワードなどが漏洩するリスクがありますので、アンチウィルスソフトを導入して防御するなどの対応が必要です。
またファイルに対する適切なアクセス権の付与も気をつけるべき点といえます。
便利だからといってみだりに必要以上の権限をユーザーに与えてしまうと、情報漏えいのリスクが高まるほか、誤った書き込みや削除などを誘発したりすることがあります。

クラウドファイルサーバにおける情報漏えいのトラブル

クラウドファイルサーバにおける情報漏えいのトラブル クラウドファイルサーバの運用で大きな問題となっているのが「情報漏えいのトラブル」です。
クラウドファイルサーバは手軽に情報共有をインターネット上で行うという点から、情報の管理が難しい一面があります。
クラウドファイルサーバそのもののセキュリティが破られてしまう危険性よりも、IDとパスワードさえあれば侵入者の場所やデバイスに関係なく閲覧できてしまう事に課題があります。
社外での作業ができるようになったということは、会社とは関係のない人のそばでも作業ができてしまうことを意味します。
ログイン中のデバイスの紛失といった危険性や、インターネット通信の盗聴などといったハード、ソフト両面でのリスクが存在します。
情報漏えいのトラブルの原因の大半は、利用している社員のミスであることが調査の結果わかってきています。
クラウドファイルサーバで便利になったのは良い事ですが、利用する側も責任と危険性を十分に理解して使用していく必要があります。