クラウドファイルサーバの比較

クラウドファイルサーバの比較

クラウドファイルサーバの比較 クラウドファイルサーバをレンタルすれば、社内でスタッフが自由に使えるクラウドストレージが構築可能です。各スタッフが自分のパソコン内に、ビジネス関連のファイルを保存していると、プロジェクトの全体像が分かりづらくなります。
スタッフ同士が随時、ファイルを物理的に交換したり逐一、プリントアウトして情報交換をしていては業務効率化が捗りません。クラウドファイルサーバは低コストでレンタル可能、既に複数のサービスがあり、価格とサービス内容も多様化しました。
レンタルする前に下調べを綿密に進めて比較検討をしておきましょう。ビジネス用途で利用するなら、セキュリティ対策の面を最優先して比較検討すべきです。ウイルスを自動的に検知してくれる仕様があれば安心です。また外部からの攻撃に強いサーバでなければ、安心して仕事関連の情報を預けられません。実績豊富なサービスを選んだ方がトータル的にお得、容量も基本的に多めの方が、多種多様なデータを随時預けられます。

クラウドファイルサーバのad連携を行うことによるメリット

クラウドファイルサーバのad連携を行うことによるメリット クラウドファイルサーバとは、インターネット上のファイルの置き場所を指します。オンライン環境があれば、離れた場所にいる人間同士でも同じファイルを見たり編集することができます。クラウドファイルサーバは、ad連携を行うことにより、簡単に運用・管理ができます。
adとはアクティブディレクトリの略語で、ネットワーク上に存在する情報やアクセス権限を一元管理することのできるWindowsの機能です。クラウドファイルサーバとアクティブディレクトリを連携をすることによって権限を同期させることができるため、権限をはじめから設定する必要がなく、運用を簡単に行うことができます。そのため、システム管理者の運用費やメンテナンスコストを抑えることができます。また、費用だけでなく可用性にも富んでいます。通常クラウド上で認証が行われるため認証速度が速く、万が一インターネットに接続できなくなった場合でもオフライン環境でローカル認証を行うことが可能です。