データの肥大化対策

データの肥大化対策

データの肥大化対策 クラウドファイルサーバ内のデータは放っておくとどんどん肥大化し、容量不足への対策が不可欠となります。
使っていないものはこまめに削除するのが基本ですが、そのファイルの振り分け事態が面倒な場合もあります。

そこで、一番簡単に出来るのが、サーバー内の利用実態を調査するソフトを利用することです。
無料のソフトでも性能の良いものがありますので、使ってみることをお勧めします。

それにより、数年間も更新していないファイルや一度も開いていないファイルがピックアップされますので、削除の判断がつきやすくなります。

他には、クラウドファイルサーバ内から自動で検出し、自動で整理をしてくれるシステムを導入するという方法もあります。
自動整理とはいっても、削除されてしまうわけではなく、一定期間更新がないファイルをチェックし、ユーザーが設定した一定期間を超えたら、ショートカットだけを残して、一旦アーカイブフォルダへ移行します。
そして再び必要になったら元に戻すというような使い方が可能です。
これにより、肥大化したデータ容量を削減しつつ、利便性を損なわない運用の仕方が出来ます。

クラウドファイルサーバーのデータ肥大化はトラブルが多い

クラウドファイルサーバーのデータ肥大化はトラブルが多い クラウドファイルサーバーは、インターネットのクラウド上にファイルを格納しておく上で活用することができるサーバーです。
自身の端末ではなく雲のような離れた場所にファイルデータを保存しておけることで、いつでもそこから取り出すことが出来る他に、複数人で共有化することにも適しています。
ところが企業などが業務を行う中で、毎日多くのファイルが生まれており、それを管理するためにクラウドファイルサーバーにアクセスをし続けると肥大化を招くことも多いです。
もっとも個人であれば、それほど容量を使わないと考えられがちですが、写真や動画などを格納することは、それだけで容量を使う特徴を持っています。
写真や動画などのデータが肥大化を招くことも多いため、業務用だけではなくプライベートでも容量不足の問題は起きやすいです。
なおよくあるトラブルにはファイルが豊富過ぎて、自分が探したいファイルがなかなか見つからない点があったり、アクセス速度が遅くなってしまう場合も存在します。