バックアップ対策

バックアップ対策

バックアップ対策 クラウドファイルサーバーには、様々なバックアップ対策がなされています。サーバーやハードディスクドライブといったものは寿命があるため、突然の破損により重要なデータが失われるリスクはあるかもしれません。しかしきちんと対策が講じられているサービスであれば安心なので、導入の際にはそうした点を検討することをおすすめします。

まず使われているデータセンターの安全性です。企業によってどこの施設を使用しているのかが変わってくるので、不明な点がある場合には問い合わせておきましょう。第三者機関からの評価が高いかどうか調べておくと、選ぶ際の参考になります。

ミラーサーバーのプランが用意されているのであれば、それを契約することでもバックアップになります。これはクラウドファイルサーバー上に保存してあるデータを、他の施設にも保存するというものです。同じデータを2箇所に分けて蓄積するこの方法なら、1箇所でトラブルが起こり紛失した場合でも、残りの装置からデータを取り戻すことができます。

クラウドファイルサーバのバックアップに関するトラブル

クラウドファイルサーバのバックアップに関するトラブル クラウドファイルサーバといえば、重要性の高いバックアップがつきものです。サーバ側でデータが保護されるとはいっても、人的なミスによるデータの損失にまでは対応していないので、利用者が意識的にバックアップする必要があります。クラウドファイルサーバを使い始めたばかりの人は、自動でデータを完璧に保護してくれると思いこんでしまい、損失が発生してトラブルに発展するケースに至ります。これはクラウドファイルサーバの性格を知らないこと、そして任せっきりにしてしまうのが原因です。

手動で操作を行なえば、大切なデータを世代別や分散で保護できますが、全てを手作業するのは非現実的です。そこで登場するのが自動化ですが、この自動化も設定のミスなどでトラブルになりがちです。いきなり本番で運用してしまうと、設定ミスが露呈した時点でデータの損失が発生しますから、設定の変更時などはテスト環境で念入りに確認する必要があります。クラウドファイルサーバにも、賢く使う為のポイントがあるので、失敗を避け利点を最大限に引き出す活用が大切です。